2007年05月17日

経営事項審査評価項目改正案が発表されました。

建設通信新聞5月17日の記事によると、国土交通省において経営事項審査評価項目の改正案がまとめられました。
2008年度から改正後の経審を摘要することになるそうです。

主な改正点は以下の通りです。

@ X1評点(完成工事高)の上限を1000億円に引下げ。評点テーブルの修正。
A X2評点(自己資本額等)は自己資本額と営業利益、減価償却費の合計で評価。評点テーブル修正。職員数の評点項目廃止。
B Y(経営状況)評点は企業実態の反映した評点分布となるよう評点幅の見直し
C Z(技術力)評点は一定の要件を満たす基幹技能者を加点、技術者1人当たり2業種まで重複カウントを認める。
D W(社会性)評点は会計監査を受けている場合、会計参与を設置している場合は加点、過去1年以内に建設業法で行政処分を受けている場合は減点する。


詳細は >>> 建設通信新聞ホームページ 5月17日きょうの1面トップ



****************************
建設業許可代行センター多摩
にしじょう行政書士事務所


posted by 建設業許可代行センター多摩 at 11:48 | TrackBack(0) | 経営規模等評価申請(経営事項審査申請:経審) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。